ストレスを感じさせない|小型犬でも人気の高いトイプードル|メロメロになる賢さと愛らしさ

小型犬でも人気の高いトイプードル|メロメロになる賢さと愛らしさ

女性と犬

ストレスを感じさせない

飼い主と犬

休む場所

子犬が家に来てから寝床を準備するのではなく、事前にしっかりと環境を整えておくようにしましょう。子犬が休む場所は、日当たりや風通しの良い場所がベストです。玄関やキッチンなど、人がよく通るところは落ち着けないので避けましょう。また、子犬はストレスを感じやすいと言うのが特徴的です。なので、家に着いてすぐにおもちゃのようにかまうのはやめましょう。ストレスになってしまいます。新しい環境に慣れるまで自由にさせておくことが大事です。こう言う知識は、子犬を購入したところから得ることができます。また、しつけ教室などのサービスを行っている会社も多いです。そう言うところに参加し、ペットの知識を学ぶのもいいでしょう。

移動

子犬を購入し、移動するときはストレスを感じさせないように工夫をしましょう。まず、できる限り移動時間を短くすることです。また、暗くなってから新しい環境に行くと、子犬はストレスを感じます。明るいうちに家に着くように、きちんとスケジュールを組みましょう。また、車で移動する場合は、ケージやキャリーバッグに入れて、膝の上に乗せるのがベストです。電車やバスなどの公共の交通機関で移動する場合は、床に置くのはやめましょう。振動によって子犬が無駄吠えしてしまうことがあるからです。車で移動するときと同じように、膝の上に乗せましょう。周りの乗客に迷惑がかからないように、細心の注意を払うことが飼い主には求められます。